スポンサーリンク

2014年02月03日

本田圭佑ナポリ戦の活躍次第でセードルフ監督の評価が・・・

先日行われた、トリノ戦でリーグ戦3試合連続先発出場し、


73c3d72a.jpg


後半44分まで出場したACミランの本田圭佑でしたが、



本人も残念ながら結果がでずチームは引き分けてしまい



メディアから「二流・遅い」などとかなりの酷評でしたね。



酷評はメディアだけではなかったようで、



セードルフ監督も本田圭佑の8日に行われる



次節ナポリ戦(アウェー)のスタメン落ちを示唆したのです。



720p-Clarence Seedorf AC Milan Riccardo Montolivo.jpg

セードルフ監督は、



トリノ戦での右MFの本田と左のロビーニョがバランスを崩していると指摘した模様だというのです。



ボランチのモントリーボをトップ下に上げ、



バロテッリとカカが並ぶフォーメーションをセードルフ監督が考えているようです。



ちなみに8日に行われるナポリというチームとは・・・


mar005.jpg

かつては、伝説選手であるマラドーナも在籍しており、


スクデットも2回獲得するなどイタリアサッカー界で一世を風靡したチームです。


329606_heroa.jpg


ちなみにマラドーナが当時付けていた10番は、


永久欠番扱いとなりレジェンドとしてナポリの歴史に刻まれています。


cf_np_505.jpg


スクデット : 2回 (1986-87, 1989-90)
コッパ・イタリア : 4回 (1961-62, 1975-76, 1986-87, 2011-12)
スーペルコッパ : 1回 (1990-91)



現在は、リーグ戦で3位につけており奮闘していますが、



前回の移籍市場の時に主力を放出し影響か、



チャンピオンズリーグ出場して初のグループリーグ敗退の屈辱を味わっています。



おそらく途中出場してくると思いますが、ナポリ戦での働きは今後の起用に大きく響きそうです。
posted by マリー at 15:23| Comment(0) | 本田圭佑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク