スポンサーリンク

2014年03月07日

本田圭佑出演の新CM〜オリンパス編〜

本田圭佑が出演する新CMが3月7日(土)より初公開されました。


今回はオリンパス新製品


f0083903_958940.jpg

『OLYMPUS OM-D E-M10』


のテレビCMです。


今回のコンセプトは一眼レフを超えるミラーレスとして商品を打ち出したい狙いがあります。


オリンパスの今後の戦略としてミラーレスでの新たな挑戦していくことを示しています。


そしてイメージキャラクターとして常に世界で活躍し続ける本田圭佑を採用しました。


また、本編中の楽曲はB'zの稲葉浩志氏によるこのCMの為に書き下ろした、


「oh my love」が使用されており、楽曲も注目されています。
※現段階この楽曲ので発売日は未定です。


気になる本編ですが、

30_0010.jpg


本田圭佑がテレビ出演で初?となる父親役を演じており、


子どもとのふれあいの中でOM-D E-M10の魅力を描いています。


キャッチコピーは「撮るという、アイラブユー。」


夕陽をバックに歩く父親役の本田圭佑の視線の先にいた幼いわが子が、


父親役の本田圭佑に駆け寄るというシーンから始まります。


子に声をかけながら父親役の本田圭佑がカメラを向けた後、


本田圭佑と子が手をつないで再び歩き出すとう親子愛を感じる


ほんわかとした癒されるCMに仕上がっています。


こちらはCM本編です


気になる商品ですが、


オリンパスの大人気モデルの「OM-D」よりシリーズ新モデルとなります。


小型軽量ボディーに最先端技術を凝縮したエントリーモデルでありながら、


「OM-D」シリーズの特徴となっているEVF(電子ビューファインダー)を搭載しているのが特徴です。

詳細はこちら。


私も購入しようか検討しています。


こちらは本田圭佑インタビューの動画です。
posted by マリー at 14:52| Comment(0) | 本田圭佑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月06日

本田圭佑出演CM〜キリンビール(淡麗生)編〜

本田圭佑と田中将大がCMで共演しました。

mqdefault.jpg

このCMで彼らの肉体美が披露されており、話題になっています。


しかしなぜ、全くスポーツのジャンルが違う2人がなぜ共演したのでしょうか?


実は2人には共通点があるのです。


その共通点として挙げられるのが、


今シーズンより新たな環境へチャレンジするということ。


本田圭佑はシーズン途中よりセリエA(イタリア)の名門


ACミランヘ移籍して現在も試合に出続けてなお活躍中です。


同じく田中将大も今シーズンよりメジャーリーグの名門である


ニューヨークヤンキースへ移籍が決まりシーズン前から大きな期待が寄せられています。


2人も海外挑戦の大事な年となっています。


そして今回のCMテーマは「未来は変えられる!」


数年前の日本人の感覚であれば、


ACミランやニューヨークヤンキースに日本人が属して


試合に出続けるなどは誰も考えられなったとおもいます。


しかし、そんな常識を良い意味で覆してくれたのがこの2人です。


そんな彼らに向けて、CM中に『走り続けろ』とエールも含まれています。


こちらが本編です。



このCMのメイキング動画を見たのですが、


本田圭佑が自分の胸を叩くシーンの撮影で、


『ペチン』と音が鳴るのが何となくシュールで少し面白かったです。


こちらがメイキングです。



これからはお花見などでお酒が美味しい季節になりますね!


皆さん飲み過ぎには十分注意しましょう!


posted by マリー at 23:44| Comment(0) | 本田圭佑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月05日

本田圭佑のニュージーランド戦の評価は?

3月5日(水)19:30よりザックジャパン2014年の初陣となる、


キリンチャレンジカップが開催されました。


今回の対戦相手はニュージーランド代表。

8EC68EAD8EB08EBC8EDE8EB08ED78EDD8EC48EDE08NIKEOGC7F2C7F2C7F2-BDB8B9E7-1.JPG


ニュージーランド代表は残念ながら、


ワールドカップ(ブラジル)の2大会連続本大会出場は叶いませんでした。


日本代表からするとニュージーランド代表はFIFAランク89位の格下相手です。


サッカー日本代表としては、国立競技場でラストマッチですので


気持ちよく勝って有終の美を飾りたい特別な一戦となります。


ちなみに、国立競技場最後のイベントはAKB48のコンサートです。


G20140304007705790_view.jpg


国立競技場最後のイベントにAKBが選ばれた事に対して


キングカズこと三浦知良も

00011007-B.jpg


「国立競技場の最後はサッカーで終わって欲しかった」


と発言しとても悔しそうでした。


カズの悔しさを胸にサッカー魂を国立競技場に刻んで欲しいですね。


もちろん、日本代表候補の選手達に取っても生き残りを掛けた大事な試合です。


ベストメンバーの揃う国際Aマッチとしては


本大会メンバー発表前の最後のアピールの場となりそれぞれ意識が高いはずです。


ザッケローニ監督も本大会のメンバーは白紙と言っていたので、


代表常連以外の人は大チャンスですね!


最近の本田圭佑のACミランでのプレーは中々良い所が出せず、


現地のメディアとファンの評価が低いため、


この試合で活躍をして再度本田圭佑の評価が上がる事を期待したいです。


もちろん、我らが本田圭佑は先発出場!


TKY201306030552.jpg

日本代表の本田圭佑は昨年の試合より


実に4ヶ月ぶりにお披露目されたことになります。


さて、試合結果ですが、


日本代表 4ー2 ニュージーランド代表


快勝まではいかなかったですが見事日本代表の勝利となりました。


本田圭佑はタイトなスケジュールな中90分フルタイムでプレーをしてくれました。


前半の動きは割と良く攻撃の起点となっていましたが、


後半は攻め込まれるシーンや攻めの部分でも


中々良いシーンがなかったですが何とか勝ちきる事が出来ました。


本田圭佑は残念ながらゴールは決まりませんでしたが、


随所に見せたフィジカルの強さは海外仕込みの凄さがありましたね。


この試合の評価でイタリアに戻ってからの周りの目が変わればいいですが、


イタリア人の目からすると彼に対する期待が大きいからか


まだまだ物足りないのでしょうか。
posted by マリー at 21:09| Comment(0) | 本田圭佑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク