スポンサーリンク

2014年02月03日

本田圭佑ナポリ戦の活躍次第でセードルフ監督の評価が・・・

先日行われた、トリノ戦でリーグ戦3試合連続先発出場し、


73c3d72a.jpg


後半44分まで出場したACミランの本田圭佑でしたが、



本人も残念ながら結果がでずチームは引き分けてしまい



メディアから「二流・遅い」などとかなりの酷評でしたね。



酷評はメディアだけではなかったようで、



セードルフ監督も本田圭佑の8日に行われる



次節ナポリ戦(アウェー)のスタメン落ちを示唆したのです。



720p-Clarence Seedorf AC Milan Riccardo Montolivo.jpg

セードルフ監督は、



トリノ戦での右MFの本田と左のロビーニョがバランスを崩していると指摘した模様だというのです。



ボランチのモントリーボをトップ下に上げ、



バロテッリとカカが並ぶフォーメーションをセードルフ監督が考えているようです。



ちなみに8日に行われるナポリというチームとは・・・


mar005.jpg

かつては、伝説選手であるマラドーナも在籍しており、


スクデットも2回獲得するなどイタリアサッカー界で一世を風靡したチームです。


329606_heroa.jpg


ちなみにマラドーナが当時付けていた10番は、


永久欠番扱いとなりレジェンドとしてナポリの歴史に刻まれています。


cf_np_505.jpg


スクデット : 2回 (1986-87, 1989-90)
コッパ・イタリア : 4回 (1961-62, 1975-76, 1986-87, 2011-12)
スーペルコッパ : 1回 (1990-91)



現在は、リーグ戦で3位につけており奮闘していますが、



前回の移籍市場の時に主力を放出し影響か、



チャンピオンズリーグ出場して初のグループリーグ敗退の屈辱を味わっています。



おそらく途中出場してくると思いますが、ナポリ戦での働きは今後の起用に大きく響きそうです。
posted by マリー at 15:23| Comment(0) | 本田圭佑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

本田圭佑のトリノ戦での評価が今後の起用へ大きく影響する。

本田圭佑が所属するACミランが2月に入って最初の対戦相手となるのは


1日にホーム(スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ)で行われるトリノ戦です。

torinoLogo.png

ここでトリノについての情報です。


トリノと言えば、過去にセリエAで5連覇(1942年〜1949年)したことで


「グランデ・トリノ(偉大なるトリノ)と呼ばれた古豪チームです。


また、ファンの間ではスペルガの悲劇で有名ですね。


スペルガの悲劇とは・・・5連覇目となる最後のシーズンでの出来事。


ポルトガルのチームとの親善試合を終えて飛行機で帰る際に、


乗っていた飛行機がスペルガの丘に墜落してしまったのです。



img_840177_15893300_0.jpeg


この事故で、監督を含めチーム関係者ののほとんどが死亡したという事件です。


また当時のトリノはイタリア代表選手が多数在籍しており、


イタリアサッカー界にとっても大きな痛手となったのです。


当時事故前まで首位に立っていたトリノですが、その後の試合はユースチームとして行われ、


見事5連覇を成し遂げた悲劇の優勝となりました。


それから時代はながれ2014年シーズン迄に5度の降格からセリエAに這い上がり、


セリエAの中でもとても粘り強いチームとして有名なチームでもあります。


過去には元日本代表FW大黒 将志(現京都パープルサンガ)も所属していました。

profile.jpg


そんな古豪と2月1日に対戦しますが、


本田圭佑は前節のカリアリ戦でフル出場してアシストも決めておりますので、


この試合も先発が濃厚とされいます。


このままスタメンの座を獲得する為にも、


今度の試合は本田圭佑のゴールに期待しましょう。








posted by マリー at 01:29| Comment(0) | 本田圭佑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

本田圭佑インテル戦での結果で今後の日本代表が変わる?

本田圭佑が所属するACミランの永遠のライバルといえば、


長友佑都が所属するインテルです。


そうです。

880579_w2.jpg


ACミラン VS インテル のダービーマッチ


総称ミラノダービーの日本対決がかなり注目されています。


そもそもミラノダービーとは


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/12/22 18:47 UTC 版)
ミラノダービー(伊: Derby di Milano)はサッカーのイタリアリーグ、レガ・カルチョに所属し、共にミラノに本拠地を置くインテルナツィオナーレ・ミラノとACミランの試合に対する呼称である。ミラノのドゥオーモの尖塔に立つ黄金の聖母像になぞらえデルビー・デッラ・マドンニーナ (Derby della Madonnina) と雅称されることもある。


このダービーマッチは、スペインのバルセロナVSレアルマドリードの


エルクラシコに並ぶ世界的にとても有名な一戦であります。


全世界注目のダービーマッチの両チーム22人の中に日本人が2人も入る可能性があるのです。


まさに、漫画で描いたような夢の話が現実となります。


早ければ、1月22日のコッパイタリア準々決勝で実現するかと期待されていましたが、


インテルが敗れベスト16で敗退したため実現にはいたりませんでした。


ミランVSインテルの対戦が確定しているのは、5月4日のリーグ戦セリエA第36節となっています。


この時期はゴールデンウイークということもあり、日本人旅行者がイタリアへ渡りそうですね。


某旅行外しゃによると、「ミラノダービー」観戦ツアーと題して、


ミラノ観光付きの5泊7日や6泊8日で、


価格は33万円台から47万円台という高額プランも用意しているようで


現在も問い合わせが殺到しているというのです。


この日本人(アジア)マーケットの開拓に成功した、両ミラノですが、


今後も期待の若手がこうした大舞台で活躍する可能性は大いにあります。


img_6033.jpg


長友佑都と本田圭佑の2人が日本人は通用するということを証明してくれましたので、


今後の日本代表を担う若手の出現にも期待ですね!
posted by マリー at 11:20| Comment(0) | 本田圭佑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク